平成26年司法試験短答式合格発表、合格率が下がる

平成26年度司法試験短答式の合格発表が6月5日(木)に法務省より発表になりました。合格者数は5,080人、合格率に直すと63.38%で昨年度の68.71%に比べ大きく下がりました。司法試験の受験回数の撤廃により受け控えが少ない今年の本試験となりましたが、結果的に難易度が上がった形になります。
来年度からは短答式試験が3科目に絞り込まれるため、今年以上に十分な短答式対策が必要となるでしょう。従来のような基本書と判例百選の繰り返しに留まらず、司法試験 完全整理択一六法などで短答プロパーの知識もしっかりマスターしておきたい所です。
なお今年の短答式合格発表を受けて、LEC東京リーガルマインド司法試験講座では矢島純一講師による本試験分析会・民事系が平成26年6月7日(土)に東京水道橋本校で実施されます(同時中継あり)。今年の短答式試験で失敗された受験生の方はもちろんのこと、これから合格を目指す受験生の方にもお勧めのガイダンスです。LEC本試験分析会はこちら

関連動画

辰巳・中野秀俊講師による「2015年短答3科目化で短答の戦いはこう変わる」

最新記事

講師ブログ

中村充【Wセミナー】
PR: Wセミナー司法試験講座はこちら 武山茂樹【LEC】
PR: LEC2017年合格目標講座 吉野勲【資格スクエア】
PR: 資格スクエア予備試験講座はこちら 加藤喬【びょうそく、資格スクエア】
PR: 資格スクエア司法試験講座はこちら 工藤 北斗 【アガルート】
PR: 司法試験解答速報(短答・論文)
西口竜司【辰巳】 田澤康二【BEXA】 城戸直樹【辰巳】

その他の講師ブログ
その他の講師ブログは、トップページ(司法試験講師ブログ)

【知恵袋】司法試験に関する質問 【知恵袋】予備試験に関する質問
【法務省】 試験情報

(スポンサードリンク)